FPSでのWi-Fiについて

こんばんわ

サタルタンです。

今回は様々な人が言う、FPSでWi-Fiはありえないと言われることについて理由などを記事に書いていきます。

まず第一に、Wi-Fiと有線LANでの接続どちらが良いかということについてですが、これはもちろん有線LANが良いです。

有利になることが多かったり、安定していたりします。

しかし、私の記事を見る方はおそらく100も承知として話をさせていただきます。

詳細は続きから見てください。

さて、上記でもかいたとおり、Wi-Fiは有利か不利かの話では不利になります。

しかし、意外と不利になる理由を書いていないところが多いです。

こちらの記事を見てみてください。

なぜこのような結果になってしまうかというと、原因は色々と考えられます。
・周囲に無線LANを使用している人が多く、電波の混雑が発生している
・無線LANの親機と子機の距離や障害物の有無から考えて、安定した通信を確立できていない
etc…

上記の通り記載されています。

もちろん間違えていませんがこれのみではありません。

Wi-Fiの構造上親機と子機は1:1でしか通信ができません。

この辺りを正しく認識している人が少ないようなので今回の記事を書いています。

上記に引用した他にWi-Fiを自分以外に使用している人がいればその人との通信を挟むためPINGにて遅延が発生するわけです。


ハイエンドWi-Fi対応のルーターを買い、子機としてPCやスマホを5台つなぎます。
1台のPCでFPSを行い中、スマホ2台で動画をインターネット経由で見るとします。
この時にもルーターは1台づつインターネット上のパケットを順番に配ります。
これにより、PCへの接続期間が遅れ、PINGが届かなかったり遅延が発生したりします。

これが大体の原因です。

ギガジンさんもあるルーターの説明で同じようなことをかいているので確認してみてください。

まぁ正確な記事ではないですが、いろいろ調べたところ本当のようでしたのでおそらく間違いないです。

Wi-Fiで遅延が発生する人はWi-Fiの機械を1台のみにしてください。

更に1台にしても遅延が発生する場合はパスワードを変え、正真正銘1台のみかを確認して下さい。

それでもダメなら電波の混雑や電子レンジによる電波干渉を考えてください。

話はそれからだと思います。

これらを対処するなら、有線LANで接続するか、有線LANを無線でつなぐ機械を使ってみてください。

確かバッファローさんから出ています。

殆どの場合上記に記載していった方法で対処できるので頑張ってみてください。

ではではこのへんで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください