1 minute read

更新のおしらせ

どうもサタルタンです。
このWEBをもし見ている人がいれば気がついたかもしれませんが、いくつか更新により改善しました。

  1. ファビコン導入
  2. 広告の導入
  3. CONTACTページをNetlifyのFormを導入
  4. 見えないですがGoogleアナリティクス導入
  5. できたか不明だがGoogle Search Consoleに登録

作業について

ファビコン導入

サタルタンのサムネイルといえばこれというレベルのサムネイルがあります。
これをここで変換を行いダウンロードします。
サイズは感で選びます。
完成したものをstatic直下またはfaviconフォルダをstaticフォルダに作成し、favicon.icoまたはfavicon.pngで配置します。
Hugoのconfig.tomlより、loadFaviconをtrueにします。
Githubにてアップロードを行います。
自動でビルドされます。

広告の導入

  1. GoogleAdsenseと検索を行いGoogleAdsenseのページを開きます。
  2. 自分のサイトを管理画面より登録します。
  3. 自動広告機能をONにします。
    どのように広告が表示されるかプレビューを見れます。
  4. 「ads.txt」をstaticフォルダ直下に配置します。
    Netlifyでビルド後ROOTに配置されます。
  5. GoogleAdsenseのページにて下記のようなコードを取得できるページがあります。 <script data-ad-client="ca-pub-6440109132851784" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
  6. これをヘッダに当たるテーマに貼り付けます。
    上記を貼るとサタルタンの広告が貼られる可能性があるので適切なスクリプトを貼り付けましょう。
  7. Githubにアップロードします。
  8. 2日くらい待ちます。
    なぜだか24時間では適応されなかった。
  9. 広告がくっつきます。

CONTACTページをNetlifyのFormを導入

  1. contactのindexにてnetlify = trueと記載します。
  2. FormのURLに該当する記述をcontactのindexにて削除します。 これだけでした。
    テーマによる補助かもしれませんがこれだけでNetlify上で動くようになりました。

Googleアナリティクス導入

こちらのまくまくさんのところに記載されているスクリプトをコピペして、configにgoogleAnalytics = "UA-62007662-1"と記載するといけました。(UA-62007662-1はご自身のを利用ください。)
ちなみにスクリプトにてローカルでないこととconfigにて設定されていることを条件になっているのでお気をつけください。
認識されているかは不明ですが、GoogleAnalyticsで見ると認識してそうなので多分これで良いのでしょう。

Google Search Consoleに登録

  1. 最近クローラーで巡回依頼を出すさいに上記の機能を用います。
  2. HugoではSitemapも自動で生成されるのでURL直打ちで確認後そのURLをGoogle Search Consoleにて登録します。
    (なぜだかアドレス切れが複数でて諦めました。)
  3. Google Search Consoleに登録しようとしたところ、ドメイン指定での登録に気がついたので使ってみます。
  4. ドメインを聞かれるので登録します。
  5. 自分のドメインのDNSをTEXTエリアで指定された文字列を貼り付けます。
  6. ある程度時間をおいた後に確認ボタンを押すと認識されます。
  7. ちなみにクローラーで巡回してもらっていなければGoogleの広告が乗らない(らしい)ので注意してください。
comments powered by Disqus